FXは、外国為替証拠金取引を意味し、短期型の投資でもあるようです。

金融のプロが語る!投資のための商品選び

FXも人気あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FXは、Foreign Exchangeの略称であり、日本語では、外国為替証拠金取引と言われています。
金融派生商品の一種であり、ハイリスク・ハイリターンの投資の一つでもあります。
しかし、近年、個人投資家が多く参加し、時に市場を大きく動かすこともあるようです。
こんなFXの特徴は、字義どおりでもあるでしょう。
すなわち、証拠金制度が採用されていることです。
証拠金とは、業者などに支払う担保金のようなものであり、証拠金を元に、取引が行われています。
レバレッジというものもあり、これは、てこの原理を意味します。
つまり、少ない証拠金でも、多額の取引が可能となっています。
今では、個人投資家に対し、規制が行われ、レバレッジは25倍までとなっています。
それでも、収益もレバレッジに従うため、大きな収益を見込めます。
しかし、損失も、レバレッジに従うため、元本割れを起こす可能性もあります。
これがハイリスク・ハイリターンの言われるともになっています。
また、差金決済取引であり、お金しか移動しません。
しかし、必ず反対取引をすることになり、買いの状態を保てば、市場と連動し、見込み損益が発生します。
損失が一定の割合を過ぎれば、強制決済となるケースもあります。
なお、FXの場合、買いばかりでなく、売りからも始めることができます。
このため、同じ外国為替相場を利用した投資である外貨預金とは、異なっています。
売りの場合、空売りと言われ、円安で売り、円高で買うことで、その差額が収益となります。
あるいは、買いの状態を保てば、一定の条件で、金利差益も発生します。
FXの場合、長期ではなく、短期型の投資でもあるようです。

Copyright (C)2017金融のプロが語る!投資のための商品選び.All rights reserved.