外貨預金は、為替変動などを利用した、長期型の投資となっています。

金融のプロが語る!投資のための商品選び

外貨預金は長期的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
以前であれば、個人が外国為替を自由に利用することができませんでした。
しかし、1990年代後半に、日本版金融ビッグバンが行われ、外為法改正がなされました。
それによって、個人も自由に、外国為替を扱えるようになりました。
その典型的なものが、外貨預金の開設となっています。
これは、円建てに対する外貨建ての預金であり、収益方法としては、為替差益と金利になります。
為替差益は、円安が前提であり、株式売買の収益方法と似ています。
つまり、円高の時に購入を進め、市場が円安になれば、売りを行うことです。
もっとも、外貨預金の場合、基本が預金であるので、円高の時に入金し、なおかつ、円安で出金するという形になります。
普通、定期、積立があり、これもまた、円建て預金と同様なものとなっています。
また、金利については、各通貨で異なっています。
預金額に応じて発生しますが、円がゼロ金利であるため、いずれのものでも、金利差益で得する可能性もあります。
しかし、外貨預金では、入出金の際に手数料が掛かります。
別途設けているところもありますが、通常は、為替レートに含まれています。
なお、外貨預金では、セーフティーネットがないため、ペイオフの対象外となっています。
いずれにせよ、外貨預金は、預金であることに変わりはありません。
外国為替相場のリスクがあるとはいえ、基本的に長期型の投資となっています。
これが、FXなどとは、大きく異なっている投資でもあるようです。

Copyright (C)2017金融のプロが語る!投資のための商品選び.All rights reserved.