債券は、基本的に長期的な投資であり、初心者向きであるとも言われています。

金融のプロが語る!投資のための商品選び

債券という選択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
債券を端的に言えば、借金となるでしょう。
しかし、借金をしていると言っても、発行元が組織団体などになります。
大きく分ければ、国債、地方債、社債になり、国、地方公共団体、気企業が発行しているものです。
債券に投資をしようと思えば、銀行や証券会社などで購入するようになります。
収益方法として、償還時の利回りであり、期間が様々となっています。
日本であれば、最低1年であり、5年あるいは10年間などがあります。
償還とは、要するに債券発行元の返済であり、借りているからには、利子をつけるということでしょう。
長期的な投資の一種であり、個人が初めて投資に参加するのであれば、最適なものの一つとなっています。
しかし、長期的なものであっても、債券市場で売買が可能であり、なおかつ、利子も独立して売買できるようです。
さらに、利回りが決まっていても、市場の影響を受けるため、リスクが全くないとは限りません。
また、近年で、ヨーロッパの国で話題になったデフォルトというものがあります。
これは、債務不履行を意味し、要するに、借金の返済ができなくなることです。
国であるから安心と言っても、それもまた、完全でないのが、やはり、投資の一種と言えるのでしょう。
もし債券投資を考えているのであれば、格付け機関という民間企業があり、国債などの状態を独自で評価しているところがあります。
これは、返済が十分に行くか否かということが、大きな評価基準となるようですが、ホームページなどでも確認できるようになっています。
債券を購入する前に、チェックすることも、大事かもしれません。

Copyright (C)2017金融のプロが語る!投資のための商品選び.All rights reserved.