株式を持つことの基本は、当該企業の株主となり、種々の権利を得ることです。

金融のプロが語る!投資のための商品選び

株式が代表的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式は、以前から知られている資産の一つと言えるでしょう。
日本が近代化を迎えて以降、欧米のような株式制度を取り入れ、種々の経過を経ながらも、今日まで来ています。
おそらく投資家の走りは、いわゆる株屋になるのではないでしょうか?
そんな株式は、基本的に当該企業の所有者になることです。
言い換えれば、株式を持つことで、当該企業の所有権者になることです。
株式を持てば、株主となり、会社の営業成績に応じ、配当を受け取ります。
あるいは、株主総会での議決権を有することもでき、株主優待などもあります。
法人の中には、大株主となることで、子会社化を図り、市場で購入しなくても、株式交換という形で子会社化もできるような時代になったようです。
しかし、株式においては、市場で売買することで、差益を得ることもできます。
短期的な投資を株式に求めるのであれば、こういう市場での売買は、主な投資方法でしょう。
そうは言っても、株式の基本は、当該企業の所有者になることです。
そうすることで、長期的な資産運用も可能となるようです。
なお、株主としての権利は、単元株を所有することで、完全に獲得できるようです。
企業によって、単元株数が異なっています。
しかし、単元未満株というものもあり、証券会社などでは、市場の取引時間外で自由に売買可能なものもあります。
単元未満株では、権利の一部が実行できないこともありますが、配当に関しては、受け取ることができます。
当然、会社の営業成績と出資金に応じたものとなります。

Copyright (C)2017金融のプロが語る!投資のための商品選び.All rights reserved.