このサイトでは、投資商品を取り上げ、各記事の中で、特徴などをまとめています。

金融のプロが語る!投資のための商品選び

投資商品の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資産運用が、現在注目されているようです。
バブル期の頃、財テクが流行りましたが、これに似たような面があります。
しかし、財テクの場合、不動産が主な対象のようなイメージがあります。
資産運用の場合、もう少し広い意味での資産のようです。
たとえば、保険もそのうちに入ります。
保険は、もしもの際の備えですが、大きなお金が動くため、金融の一部であると同時に、資産にも数えられます。
また、貯蓄はもちろん、株式、債券、あるいは、外国為替取引も、資産運用の中に含まれます。
いわば、総合的な財産全般を運用することが、資産運用の中身ということです。
そんな中でも、投資は、非常に重要なものであり、資産の中の要と言っても、言い過ぎではないでしょう。
もちろん、投資には、各種リスクがあり、損失が発生します。
収益ばかりでないのが、投資でもあり、そういう点を重々踏まえることが大切です。
そうは言っても、現在ためでも、あるいは、将来のためでも、長期および短期でのお金を作ることも可能であり、それが投資の魅力でもあるのでしょう。
このため、各種投資商品の特徴などを踏まえておくことが、非常に重要であるかと思います。
以前であれば、投資を行うのは、資産家にふさわしい、一部の富裕層のみのもののようでした。
しかし、今では、数多くの個人投資家が現れ、決して富裕層のみのものではなくなっているようです。
これは、1990年代後半から行われた日本版金融ビッグバンの成果でもあり、少額投資とインターネット取引の許可がもたらしたもののようです。
パソコンやモバイル機器を駆使し、市場に大きな影響を与える個人が出てきていることもまた、現在の投資市場の特徴のようでもあります。
このサイトでは、そんな投資にスポットを当て、各種商品の特徴などをお話しています。
基本的なことばかりかもしれませんが、ご興味のある方々のお役に立つようであれば、サイト作成者として、誠にうれしい限りです。

Copyright (C)2017金融のプロが語る!投資のための商品選び.All rights reserved.